ザ・リッツ・カールトン東京;高級アロマ


小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

東京ミッドタウン+六本木

東京ミッドタウンin六本木

2007年春、

東京ミッドタウン

六本木

の新名所として誕生しました。赤坂から六本木にかけての半径約1マイル(約1,6q)程の地域の中に、40以上の大使館と9つのインターナショナルスクールが存在する国際色豊かな街です。またデザイナーやクリエイターが六本木に集まる、感度の高い街でもあります。このように東京ミッドタウンは、文化と芸術が行きかう街なのです。「世界の交差点」六本木とも言われています。

東京ミッドタウンのあるこの場所は、江戸時代、萩藩毛利家下屋敷でした。明治時代には陸軍駐屯地に、終戦後は米軍将校の宿舎に、日本に返還された後、防衛庁の檜町庁舎が存在していました。日本にとって、とても歴史のある場所なのです。
2000年防衛庁本庁が檜町から市ヶ谷へ移転となり、跡地の再開発計画がスタートされました。東京ミッドタウンには歴史あるものが、今もなお受け継がれています。その一つが旧防衛庁に植えられていた樹木です。1本1本調査を行い、保存・移植された結果、オープンとなった2007年の春、見事な桜の花を咲かせたという事実は、とても感動的です。

六本木の長い歴史のうえに立つ東京ミッドタウンは、都市化だけでなく緑化にも力を入れた、人にも環境にもやさしい街なのです。

<< 1 2



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。