ザ・リッツ・カールトン東京;高級アロマ


小蕪亭
ネットショッピング情報は 月刊桜坂通信

東京ミッドタウンとリッツカールトン@六本木 > 東京ミッドタウン+安藤忠雄 > 東京ミッドタウンにある安藤忠雄建築

東京ミッドタウン+安藤忠雄

東京ミッドタウンにある安藤忠雄建築

東京ミッドタウン

は複合都市として六本木に誕生しました。東京ミッドタウン内にはアート作品が各所で見ることができるなど、文化的要素の強い街であるといえます。その代表的な施設の一つ「21_21 DESIGN SIGHT」が東京ミッドタウンにあります。

この東京ミッドタウンにある「21_21 DESIGN SIGHT」は、デザイン専門の施設・美術館として注目されています。ここではデザインについてリサーチし、考え、そしてモノづくりをする現場であるとする、新しいミュージアムとして存在します。

この施設の建築設計を担当したのが

安藤忠雄

さんです。安藤忠雄さんは「日本の顔としての建築」をテーマに「21_21 DESIGN SIGHT」を設計されました。この設計にあたり安藤忠雄さんは、日本一長い複層ガラスや折り曲げられた巨大な一枚鉄板の屋根など、最高の建築技術を駆使しています。また地下階が延べ床面積の8割を占めるそうですから、実際入ってみると外からは想像できない広さがありそうです。日本を代表する建築家安藤忠雄さんの設計を楽しむことができるでしょう。
安藤忠雄さんの次の代を引き継ぐ若いアーティストたちが、「21_21 DESIGN SIGHT」で育ち、東京ミッドタウンから世界に発信することが期待されます。

<<東京ミッドタウンからアーティスト誕生 | 東京ミッドタウンとリッツカールトン@六本木トップへ | 東京ミッドタウンの魅力>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
URL
[必須入力]
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。